珍しいFXトレードを配信
珍しいFXトレードをお届けしてます
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
為替と株で考える経済学
為替と株で考える経済学
為替と株で考える経済学
価格: 2,625円
販売元: 楽天ブックス

著者:三土修平出版社:日本評論社サイズ:単行本ページ数:268p発行年月:2007年09月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)日々伝えられる「今日の円と株の値動き」。この値段はどう決まるのだろう。その謎解きを通して経済学的考え方の筋道をたどる。【目次】(「BOOK」データベースより)第1部 為替相場を考える(投下労働量と価格/比較生産費説/多数財モデルでの為替相場の決定/諸条件の変化にともなう為替相場の変動/物価の国際的格差/国際収支全体から見た為替相場/マクロ経済学から見た国際収支と為替相場/円相場の変遷と「円の実力」)/第2部 資産価値を考える(複式簿記のしくみ/株式会社制度の概観/貸借対照表から見た株価/資産価値の基礎理論/資産価値理論から見た株価/成長する木のたとえ/キャピタル・ゲインの謎を解く/さらなる理解のために)【著者情報】(「BOOK」データベースより)三土修平(ミツチシュウヘイ)1949年東京都生まれ。1972年東京大学法学部卒。経済企画庁、神戸大学大学院経済学研究科、愛媛大学法文学部教授を経て、東京理科大学理学部教授。経済学博士(神戸大学)。秦野純一のペンネームで書いた骨髄バンクの小説『しろがねの雲』(潮出版社)は第14回潮賞受賞、同じペンネームによるノンフィクション『椿の咲く日まで?骨髄バンクと土佐清水の仲間たち』(日本評論社)も第20回潮賞最終選考に残る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 経済・財政> 日本経済

スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。