珍しいFXトレードを配信
珍しいFXトレードをお届けしてます
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バリュー投資
バリュー投資
バリュー投資
価格: 1,680円
販売元: 楽天ブックス

株の本当の価値を問う 著者:クリストファー・H.ブラウン/林康史出版社:日経BP社/日経BP出版センターサイズ:単行本ページ数:214p発行年月:2007年12月この著者の新着メールを登録する株式投資の神、ベンジャミン・グラハムが体系化し、その弟子バフェットが実践して巨万の富を築いた最強のメソッド「バリュー株式投資」の考え方と売買手法をわかりやすく解説。【内容情報】(「BOOK」データベースより)66セントで1ドルを買う「割安株投資」で勝ち残る道。グラハムとバフェット直伝の最強戦略。【目次】(「BOOK」データベースより)特売品を狙え?牛肉も株も安売り中に買う/いくらの価値があるのか?銀行家のように考えよう/投資家のベルトとサスペンダー?第一のルール?損をしないこと、第二のルール?第一のルールを忘れないこと/利益を安く買え?株価が安いほどリターンは高くなる/六六セントで一ドルを買う?ターゲットは「三割引き」/八〇銘柄世界一周?グローバルなバリューの調査/リビングストン博士についていく必要はない?バリューは身近な国で見つかる/知っている人を観察する?インサイダーが買うときに買う/マーケットが崩れ落ちるとき?下落する株価は両刃の剣/尋ねよ、さらば見つからん?宝を探すなら最新の道具を使うこと〔ほか〕【著者情報】(「BOOK」データベースより)ブラウン,クリストファー・H.(Browne,Christopher H.)かつてベンジャミン・グラハムやウォーレン・バフェットを顧客に持ち、バリュー投資の実験工房として名を馳せたニューヨークの名門投資顧問会社「ツウィーディ・ブラウン」のマネジング・ディレクター。バークシャー・ハザウェイ株の取引をバフェットに仲介したのは、父親のハワード・ブラウンだった。ペンシルベニア大学卒業。ハーバード大学J・F・ケネディ・スクールの諮問委員会メンバー(投資判断/行動ファイナンス)、ペンシルベニア大学およびロックフェラー大学の大学基金受託者などを務める林康史(ハヤシヤスシ)立正大学経済学部教授。大阪大学法学部卒、東京大学修士(法学)。クボタ、住友生命、大和投資信託、あおぞら銀行で輸出営業、外国為替ディーラー、エコノミスト等を経験し、2005年4月より現職(金融論、国際金融を担当)福重嘉徳(フクシゲヨシノリ)シドニー在住。大手金融情報提供会社勤務。ペンシルベニア州立大学カルフォルニア校(CUP)卒、アイオワ州立大(ISU)経済学修士。顧客担当ディーラーとして1980年後半から2000年まで為替市場を経験。1990年より豪州四大銀行の一つ、オーストラリア・コモンウェルス銀行の本店勤務。その後、シドニーの米系・日系銀行を経て、2002年から約3年間、フランス系先物ブローカーで金利・株の先物を中心に米国市場担当の夜間ディーラーとして勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用

スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。