珍しいFXトレードを配信
珍しいFXトレードをお届けしてます
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
池田悟のFX &日経225先物システムトレード実践テクニック
池田悟のFX &日経225先物システムトレード実践テクニック
池田悟のFX &日経225先物システムトレード実践テクニック
価格: 1,890円
販売元: 楽天ブックス

著者:池田悟出版社:日本実業出版社サイズ:単行本ページ数:235p発行年月:2007年12月この著者の新着メールを登録する◆日本実業出版社究極の投資本専業個人投資家の著者が一歩踏み込んだシステムトレードの売買ルールや賃金管理ノウハウ、具体的な投資アイディアを紹介します。ありがちな一般論ではなく、著者自らの経験に基づき日々実行していることのなかから、儲けるためのポイントをやさしく解説します。【内容情報】(「BOOK」データベースより)勝ち組個人投資家が明かす、安定して儲ける売買モデルづくりと運用のための具体的アイデア。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 システムトレードの問題点と対処法/第2章 定石テクニカル指標は売買サインとして使えるのか?/第3章 より良い売買モデルをつくるための工夫/第4章 システムトレードを運用していくうえでの実践テクニック/第5章 中長期のシステムトレードに関するいくつかのアイデア/第6章 デイトレードのためのいくつかのアイデア/第7章 システムトレードを「継続」するために【著者情報】(「BOOK」データベースより)池田悟(イケダサトシ)1962年生まれ。中央大学理工学部中退。システム開発会社等勤務を経て、2003年にトレーディングの専門会社(時系列分析研究所)を設立。1980年代から株投資で一進一退を繰り返した後、独自のシステムトレード手法を編み出し、現在は専業投資家としてトレードで生計を立てている。2000年からはFXにも注力し、年率200%程度の運用を続けているほか、商品先物、日経先物・オプション取引なども手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用

テーマ:日経225 - ジャンル:株式・投資・マネー

投資ファンドとは何か
投資ファンドとは何か
投資ファンドとは何か
価格: 840円
販売元: 楽天ブックス

知っておきたい仕組みと手法PHPビジネス新書 著者:北村慶出版社:PHP研究所サイズ:新書ページ数:204p発行年月:2006年08月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)「サラリーマンが年収100億円」「都心の不動産価格が急上昇」?これらに共通するのは「投資ファンド」の存在。テレビや新聞でしばしば目にする彼らの実態を理解している人は少ない。実際には私たちの仕事や生活に少なからず影響を与え始めている。本書は、もはや日本経済を動かす存在となった「投資ファンド」を理解するために、特に「不動産投資ファンド」「ヘッジファンド」「企業投資ファンド」の現状や仕組み、そして「投資ファンド全体」の共通する特質を解説する。【目次】(「BOOK」データベースより)序章 「投資ファンド」とは何か/第1章 「不動産投資ファンド」?第3のアセットクラス(急増する「不動産投資ファンド」/不動産物件の購入価格を決める「キャップ・レート」 ほか)/第2章 「ヘッジファンド」?市民権獲得の功罪(「悪の権化」か「魔法の杖」か/「ヘッジファンド」は、“守り”の運用? ほか)/第3章 「企業投資ファンド」?株主価値最大化を目指して(「企業投資ファンド」の類型/“村上系”「アクティビスト・ファンド」の目の付けどころ ほか)/第4章 「投資ファンド」の未来(“アルファ(α)”を追求し、新たな“ベータ(β)”を開拓する「投資ファンド」/“メイン・ストリーム化”のディレンマ ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)北村慶(キタムラケイ)慶應義塾大学卒。ペンシルベニア大学経営大学院(ウォートン・スクール)留学。大手グローバル金融機関勤務。(財)日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャル・プランナー一級技能士(国家資格)。ヨーロッパではプロジェクト・ファイナンスに、アメリカでは投資ファンドに携わる。その後、日米欧のコーポレート・アドバイザリーおよびM&A業務に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用

投資事業組合とは何か
投資事業組合とは何か
投資事業組合とは何か
価格: 1,680円
販売元: 楽天ブックス

その成り立ち・利益配分・法的位置づけから活用法まで 著者:田中慎一/保田隆明出版社:ダイヤモンド社サイズ:単行本ページ数:194p発行年月:2006年08月この著者の新着メールを登録する投資事業組合ってなんだろう?ライブドア事件、村上ファンド事件で一躍有名になった投資事業組合ですが、その存在自体は合法です。企業にとっても、投資事業組合を活用することで、経営戦略のオプションが増えます。しかし、一般には、その実態と法的位置づけについて、あまりよくは知られていません。投資事業組合の仕組、活用法、法的な制約を解説します。【内容情報】(「BOOK」データベースより)投資事業組合が悪いわけではありません。儲ける仕組み、誰が運営しているのか、そして、法規制の行方を、現場を知る著者が解説。投資ファンドと投資事業組合って違うもの?組合と株式会社ってどう違うの?どんな人が投資事業組合に係わっているの?など、素朴な疑問にわかりやすく答えます。【目次】(「BOOK」データベースより)序章 投資事業組合って、何なの?/第1章 投資事業組合の正体/第2章 投資事業組合の仕組みと機能/第3章 投資事業組合への新しい法規制/第4章 投資事業組合の契約関係のポイント/第5章 投資事業組合の実際【著者情報】(「BOOK」データベースより)田中慎一(タナカシンイチ)株式会社インテグリティ・パートナーズ代表取締役。1972年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。KPMGセンチュリー監査法人(現・あずさ監査法人)、大和証券SMBC、UBS証券、港陽監査法人を経て現職。大和証券SMBC、UBS証券では主としてM&Aのアドバイザリー業務に従事保田隆明(ホウダタカアキ)ワクワク経済研究所LLP代表。1974年生まれ。早稲田大学商学部卒業。リーマン・ブラザーズ証券、UBS証券、LifeOn株式会社代表取締役、ネットエイジキャピタルパートナーズ株式会社執行役員(役資事業組合組成・運営担当)を経て現職。また、日テレNEWS24「まーけっとNavi」、テレビ埼玉「ビジネスウォッチ」を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用

テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済

バフェット投資の真髄
バフェット投資の真髄
バフェット投資の真髄
価格: 1,890円
販売元: 楽天ブックス

株で富を築く永遠の法則 著者:ロバート・G.ハグストローム/三原淳雄出版社:ダイヤモンド社サイズ:単行本ページ数:314p発行年月:2001年11月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)世界最高の投資家が実践する、企業の価値を測るベストの方法とは何か。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 常識で計れない男/第2章 世界最高の投資家/第3章 三賢人の教え/第4章 投資のためのガイドライン?12の不変の原則/第5章 フォーカス投資?その理論と実際/第6章 ポートフォリオの管理?フォーカス投資の挑戦/第7章 お金に関する感情の側面/第8章 新しい投資機会、永遠の法則【著者情報】(「BOOK」データベースより)ハグストローム,ロバート・G.(Hagstrom,Robert G.)レッグ・メイソン・フォーカス・キャピタル社上席副社長兼ディレクター。世界最高の投資家とされるウォーレン・バフェットを15年以上にわたって研究、自身が運用するミューチュアルファンドであるレッグ・メイソン・フォーカス・トラストで「バフェットの法則」に基づくフォーカス投資戦略を実践し好成績を収めている三原淳雄(ミハラアツオ)1937年生まれ。九州大学経済学部卒業。日興証券入社。米ノースウェスタン大学経営大学院留学。ニューヨーク勤務、ロサンゼルス支店長などを経て、同社退社。現在、国際金融・経済評論家として活躍中。日本ファイナンシャル・プランナーズ協会特別顧問。(社)日本商品投資販売業協会理事小野一郎(オノイチロウ)1955年生まれ。東京大学法学部卒業。日本興業銀行入行。カリフォルニア大学バークレー校経営大学院留学。ロサンゼルス支店、審査部、資本市場部等を経て、同行退職。現在、現在、(株)フィスコにてディレクター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用

テーマ:仕事 - ジャンル:モブログ

クレジット投資のすべて
クレジット投資のすべて
クレジット投資のすべて
価格: 3,570円
販売元: 楽天ブックス

著者:大橋英敏出版社:金融財政事情研究会/きんざいサイズ:単行本ページ数:337p発行年月:2006年06月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)裁定機会の見つけ方、リスク管理、財務分析、レラティブ・バリュー等、クレジット投資戦略構築にかかわるすべてを、第一人者が網羅的かつ実践的に解説する。新BIS対応。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 市場の収歛とクレジット投資における発想の転換(まえがきにかえて)/第2章 クレジット・ストラテジー/第3章 個別銘柄分析/第4章 リスク管理のあり方/第5章 新BIS規制(Basel 2)/第6章 実践的なクレジット投資戦略構築を目指して【著者情報】(「BOOK」データベースより)大橋英敏(オオハシヒデトシ)モルガン・スタンレー証券株式会社債券調査本部長・エグゼクティブ・ディレクターとして、金利・クレジットの両面からの総合的な市場見通しならびにポートフォリオ投資戦略立案を担当。同志社大学を卒業後、1991年から2000年まで、日本生命保険相互会社において融資審査業務、融資および債券の信用リスク管理業務(社内格付モデルの開発、Credit Value at Riskモデルの開発など)などに携わる。1997年には大阪大学大学院経済学研究科にて修士号を取得(経済学)。法政大学経営学部講師も兼任。日経公社債情報の人気アナリストランキング調査にて、クレジット・アナリスト部門で第2位(2004年・2005年・2006年)を獲得。1968年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。